結婚式の余興にぴったり。ザ・ビートルズの名曲 “Here, There And Everywhere”

結婚式の余興にぴったり。ザ・ビートルズの名曲 “Here, There And Everywhere”
Pocket

こんにちは、よっちゃんいかです。

バンドをやっていると、結婚式に 『余興演奏して〜!』 と頼まれる事があります。
結婚式での演奏はこちらまで幸せな気持ちになるのでとても楽しいんですよね。

何回か演奏させて頂く中で個人的に一番好きだったのは
ザ・ビートルズの “Here, There And Everywhere(ヒア・ゼア アンド エブリウェア)”。

1966年に発売されたアルバム”Revolver”に収録されている1曲です。

ポールマッカートニーが作曲したバラートで、歌詞も結婚式にぴったり。

まず出だしの美しすぎるコーラスワークでやられました。
乾いたギターの音と、優しいベースタッチ、ドラムのボリューム感、ともに最高です。
ソフトだけどキレのあるスネア音が、曲に程よい軽さを加え、とても聴きやすいバラードだと思います。
さすがリンゴ先生、、、

ポールマッカートニーの自信作と言われている名曲。聴けば聴く程好きになります。

この美しいコーラスワークを再現できたら会場盛り上がりますよね。

この曲が結婚式にぴったりの理由

愛について歌われていて、結婚式にふさわしい曲。

まれに結婚式っぽくない英語詞の曲が使われている時ありませんか?
もちろん個人の自由なので、なんでも良いと言われるとそれまでですが、、、

英語詞の曲を使う際は、日本語訳をしっかり確認してください。
プランナーさんも気づいてあげてほしい。笑

日本語詞は下記サイトでご確認頂けます。
https://ameblo.jp/arinko-beatles/entry-11148800384.html
https://lyrics.red-goose.com/here-there-and-everywhere-the-beatles/

聴いた事ある人が多い

結婚式には幅広い年齢層の方がこられますよね。
知ってる曲が流れると嬉しいですし、お父さんやお母さん、祖父、祖母世代も知っている可能性が高いです。
みんなが楽しめると会場も温かく良い雰囲気になります。

まとめ

結婚式での選曲は、英語詞に注意する事と、なるべくみなさんが知っている曲を選ぶ事をオススメします。
新郎新婦はもちろん、両家のご両親、祖父母も楽しんで頂けると、一緒にきた子供や周りにも楽しいが伝わって、会場全体に良い空気が流れます。

ザ・ビートルズの “Here, There And Everywhere”はそんな力のある1曲なんじゃないかなと思っています。

気になる曲カテゴリの最新記事